【イベント】メモリーカードも日々進化を続けています。

こんにちは!事務局のコウです。

実は、先日、あるメーカーさんの新製品発表会に
縁あって出席をさせていただきました。

そのメーカーとは、メモリーカードでおなじみのサンディスク

デジカメなどの記憶媒体として、使っている人も多いですよね!?

そして、会場はなぜか、「新横浜スケートセンター」!?

CIMG1395

今回、サンディスクが発表したのは、
サンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカード」。

どのような商品かというと、
最大90Mバイト/秒の読取り・書込みが可能な
超高速のメモリカード。

メモリーカードというと一般的には”容量がこのくらい大きくなって”、
“このくらい値段が下がった”、というところに目を向けられがちだけど、
転送速度“というのもメモリーカードの進化で非常に重要なところです。

で、今回、新しい技術で最大45Mバイト/秒だった転送速度を
一気に倍まで引き上げてしまったんです。

転送速度が速くなるとそれだけたくさんの枚数の連続写真を撮ることができます。

そこで、記者発表会の会場がスケートリンクだった謎がわかってくるわけです。

DSC_0093

特別ゲストに登場したのは、フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さん。

荒川さんのスケート演技を実際にプロカメラマンが
新メモリーカードを使って転送速度を実演してくれました。

(荒川さんのイナバウアー画像はまた後日アップ予定)

同じカメラでも、通常のメモリーカードでは数秒で連続写真のシャッターが
途切れてしまうのですが(データ転送に時間がかかるので)、
新メモリーカードだと、十数秒連続でシャッターを切り続けても
途切れることがありませんでした。

スポーツをしているところなど、動きのある被写体を写真に撮るときは
メモリーカードが重要になるのを実感しました。

これからはメモリーカードにおける転送速度が
かなり重要になってきそうな予感がしています。

そして、荒川さんはスゴイ・・・!

プロ転向後も演技の切れ味がますばかりで感動しました。

CIMG1396

そして、こちらがおみやげのサンディスクどら焼きです

ちょっとこの写真だとロゴがわかりづらいですが、
ブランド名がばっちり入っています。

同じテーマの記事